宅建って何?宅建試験について知ろう!!そして取ろう!!

宅建合格者のもうひとつの夢~ダブルライセンス~

宅建に合格したら、その後の人生は人それぞれです。まあ不動産会社に就職して、そこの一社員として働く道を選ぶ人がいちばん多いと思いますけど。

ところで、宅建に受かってからダブルライセンスをするという人もいます。私はやっていませんけど、でも最近は、そういう人に出会うことがたまにあるんです。

ダブルライセンスという言葉が耳慣れないという人もいると思いますから、ざっと説明すると、2種類以上の資格を取ることです。
それなら、そのダブルライセンスのメリットとデメリットは何でしょうか? それから、宅建でダブルライセンスをするメリットは何でしょうか? 

◆ダブルライセンスのメリット
資格を増やすことで、転生を有利にしたり、自分の会社や事務所をつくったりすることができるチャンスがあります。
宅建の場合は、不動産の商取引関係の知識が身につく資格です。宅建自体は独立向きの資格ではありませんが、よその資格とのコンビネーションによっては独立・開業のチャンスも持てます。もちろん、業種や職種をよく選んで実行するなら転職や昇進という目的で使うこともできるでしょう。

◆ダブルライセンスのデメリット
これは、資格を取ろうとするためにかかるコスト(費用のほか、時間や労力も含まれます)が余分にかかってしまうことに尽きるでしょう。
難易度が低い資格ならコストはあまりかからないかもしれませんが、簡単に受かる資格では、あえてダブルライセンスをする意義はないかもしれません(誰でも取れるような資格なら、世間で評価してもらえませんからね)。
宅建試験については少なくとも簡単な試験ではありません。その上でもう1種類、価値のありそうな資格を受けるなら、トータルの勉強時間が2年くらいかかっても不思議ではないでしょう。



≪忙しい方ほど、おススメできます≫
学習期間「3か月」での合格者を多数輩出している通信講座の専門校
>>通信講座フォーサイト

次のページへ >>