宅建って何?宅建試験について知ろう!!そして取ろう!!

宅建にスピード合格する勉強法

宅建の全体像がわかっても、試験に合格しないと始まりません。ここからは、宅建試験の勉強法や対策のポイントについて書いていきます。より宅建に対するイメージが深まると思うので、是非読み進めてください。

◆宅建を受けるならスピード合格を目指そう!
まず勉強法の詳細について語る前に、スピード合格について書きたいと思います。多くの人は、面倒なことを後回しにするでしょう。学生の方は、会社に入ってからでいいや。社会人の方は、来年でいいや。それ以外の方は、そのうちいつでもいいや。・・・・
わたしもそうでした。

でも、わたしの失敗談から言って、受けると決めたら期間を設定して早くやりましょう。理由は3つあります。
1.たくさん暗記をしなければならないので、長期間やるより集中してやったほうが効率的。
2.試験≠実務。試験に出る勉強は仕事をしながら自然に身につくものではない。
3.宅建士としての場数を早く踏んでおくほうがその後のステップアップに有効。

◆宅建の勉強法あれこれ
宅建試験の勉強は、①通学講座や通信講座を受講する、②独学する、大きく分けて2通りあります。おすすめは①です。独学は厳しい道となるからです。

そして、①の通学講座・通信講座の受講のうち、わたしは通信講座がよいと思います。わたし自身がよい通信講座を見つけて合格できたこともありますし、時間とお金の節約にもなります。試験勉強にトレンドも何もありませんが、通学は時代遅れです。どのポイントをとっても通信に勝るとは思えません。

通信といっても、昔のように高い教材を売りつけられるような心配は要りません。スタイルが違うだけで、れっきとした学校です。しかも、メディアやインターネットなどの発達により、通学では得られないような効果的な学習法もたくさん生み出されています。

次のページで、わたしが受講したフォーサイトの通信講座について、その次のページで独学で合格できるのかについて説明します。



≪忙しい方ほど、おススメできます≫
学習期間「3か月」での合格者を多数輩出している通信講座の専門校
>>通信講座フォーサイト

次のページへ >>