宅建って何?宅建試験について知ろう!!そして取ろう!!

宅建の合格率、難易度、学習時間

宅建の合格率、難易度、学習時間についてご紹介しておきます。

◆宅建の合格率データ

年度

受験者

合格者

合格基準点

合格率

2004

173,457

27,639

32点

15.9%

2005

181,880

31,520

33点

17.3%

2006

193,573

33,191

34点

17.1%

2007

209,684

36,203

35点

17.3%

2008

209,415

33,946

33点

16.2%

2009

195,515

34,918

33点

17.9%

2010

186,542

28,311

36点

15.2%

2011

188,572

30,391

36点

16.1%

2012

191,169

32,000

33点

16.7%

2013

186,304

28,470

33点

15.3%

2014

192,029

33,670

32点

17.5%

宅建の合格率は、他の国家資格に比べて格段高いわけでも低いわけでもありません。行政書士や社労士の合格率は数パーセントのようですし、ファイナンシャルプランナーは30%くらいだそうです。自分がどれだけ準備してきたかが重要なので、合格率データは気にしなくてもよいと思います。

なお、合格基準点はその年によって変動します。受験勉強では、50点満点のうち7割の35点を目指して行います。どちらかといえば高い正答率が求められる試験なので、そのことは覚えておく必要があるでしょう。

◆宅建の難易度
宅建の難易度は、税理士クラスが超難関、弁理士・社労士クラスが難関とすれば、その少し下のやや難関という感じです。行政書士などと同程度だと考えられます。その下にはファイナンシャルプランナーなどがあります。

ただし、これはとても抽象的な表現ですよね。宅建については、簡単に受かったという人もいれば、何回も失敗する人もいます。正しい勉強法で進めないと、本来それほどでもないのに超難関と感じるかもしれません。勉強法については、この後説明していきます。

◆宅建の学習時間
宅建合格までには、約6ヶ月程度、時間でいえば約300時間必要だと一般的に言われています。わたしの実感としては、標準というよりも最短でこれくらいではないかという感じですが。年に一度しかない試験なので、早めに準備を始めることをおすすめします。



≪忙しい方ほど、おススメできます≫
学習期間「3か月」での合格者を多数輩出している通信講座の専門校
>>通信講座フォーサイト

次のページへ >>