宅建って何?宅建試験について知ろう!!そして取ろう!!

宅建を取るメリットと仕事内容

宅建試験の詳細については後で詳しく書きますが、けっこう難関です。「忙しい時間をやりくりしてまでとるメリットがあるのか?」と疑問に思われている方もいらっしゃるでしょう。また、具体的にどんな仕事やどんな将来が待っているのかも気になるところだと思います。

◆宅建をとるメリット
宅建を取るメリットは、宅建の知識を仕事に活かすことによって実感することができます。普通に生活している限り、どちらかというと馴染みのない世界ですから(毎年家を買うのでなければ。)、仕事上で近くにいる人にとっての強みとなります。

業界によって違いがあるようです。
不動産会社に勤めている人には必須資格なので、メリットというよりもないとデメリットがあります。宅建士にしかできない仕事は当然任されませんし、給与や出世にも影響します。不動産関連に就職を希望している学生の方は、時間のある学生のうちに取ることをおすすめします。入社後は、必ず取得するように上から指示が出ます。

不動産以外の会社では、住宅メーカー建築会社の人にメリットがあります。宅建の知識(土地や建物の法律知識)があれば、お客様の様々な疑問に答えることができ、スムーズな取引ができるからです。
また、金融関係に勤める人にもメリットがあります。融資関連で土地などを担保にすることがあり、宅建の知識が役立つからです。
その他一般企業で主に財務関係の仕事をしている人にもメリットがあります。会社で保有している不動産の管理や資産運用に役立てることができるからです。

◆就職・転職に有利なこと。肩書き自体がメリットに
このように、意外と多くの場面で宅建は生きています。ですから、これらの仕事をしたいと考えている人の就職・転職活動の武器として有効です。
また、知識だけではなく、肩書きそのものがメリットであるとも言えるでしょう。自分がお客様の立場であれば、当然宅建士に担当してもらうことで安心感が生まれます。営業者の名刺に「宅地建物取引士」と書かれていれば、きちんとした受け答えが期待できます。

◆宅建士の仕事
上記のように、主に企業内での仕事が想定されます。無資格者と有資格者の違いは“重要事項の書面”を説明できる資格があるかどうかですが、それ以外にもここぞというときに引っ張られます。社内でよいポジションを得ることができるのです。

また、独立する人もいます。知り合いで、まちの不動産屋を開業した人がいますし、賃貸のマンション・アパート専門の仲介会社を立ち上げた人もいます。この場合、宅建の資格はマストです。有利というのではなく、なければ開業できません。



≪忙しい方ほど、おススメできます≫
学習期間「3か月」での合格者を多数輩出している通信講座の専門校
>>通信講座フォーサイト

次のページへ >>